2010年02月01日

サヨナライツカ

 1975年、タイのバンコクにある高級ホテルのスイートルームに住み、いつも官能的な魅力を漂わせる沓子(とうこ)は、婚約者を日本に残したままタイに赴任し、その容姿や仕事の手腕から上司の信頼も厚く、部下同僚にも人気がある東垣内の婚約祝いの席で出会った。数日後、沓子が東垣内の住処に現れた事から、2人の激しい恋が始まった。しかし、自分の夢を叶えるためには、日本に残してきた婚約者との結婚を捨てる訳にはいかない。果たして2人の未来は…

 この映画評の日時は、その映画を見た日時に合わせています。それを見れば分かるように、今日2月1日は映画の日なので、普通の値段なら躊躇する邦画を3本連続してみていて、この「サヨナライツカ」が3本目。

 いつもは「邦画は見る価値がない」「脚本が駄目なんだ」と辛口批評なのですが、先に見た2本は「結構面白い」と素直に思えました。だからこそ、「3匹目のドジョウは柳の木の下にはいないだろう」と思えてならなかったのですが…それは見事に裏切られました。

 先の2本(「今度は愛妻家」と「おとうと」)と比べると、この映画が一番出来が悪いと思います。でも、その3本の内1本だけDVDを買うとなったら、多分私は迷わずこの「サヨナライツカ」を取ると思います。

 先の2本も確かに面白かった。映画の出来ではこの映画より上です。しかし、この映画は「映像を見せる」というところにもの凄く凝っていて、映像を所持するならこれと思わせてくれるのです。

 正直、映画は中だるみが結構ありました。最初の中山美穂さんの出てくるシーン、そして主人公2人の絡むシーンは本当に素晴らしい出来です。それが、次の転換期に来る辺りから主人公がなぜこのような行動を取ったかの言い訳めいた画像が多くなり、それが無駄に繋がっていくように思えるのです。その無駄が無駄を呼び、ようやく辻褄を合わせたところで最後の転換期を迎え収束します。

 素晴らしい脚本という物は、無駄をそぎ落として一切の無駄がなくなった物の事を言うのだと思います。今日見た「おとうと」はそれに近い物を感じました。しかし、この映画は残念ながら東垣内の(沓子と激しく恋に落ちた時代から見て)未来の説明に無駄に長い尺を費やして映画を平凡な物に貶めているように思えるのです。

 しかし、先にも書きましたように、この映画の画像はとてもきれいです。一部、凝りすぎて見にくいと思う場面もありましたが、なんて言うのでしょうね、勝手な想像ですが、原作が夫だから、自分が映像化したいと中山美穂さんが言い、中山美穂さんが主演だから映像を美しい物にしなければならないと奮起した…そんな連鎖があったような感じがします。あくまでも「感じがする」ですけれどね。

 兎にも角にも中山美穂さんを撮る光の使い方が凄いです。そう、乱暴に言っちゃうと、ストーリーなんて放って置いて、中山美穂さんの登場するシーンを無声で切って繋いだとしても、それで1つの作品になるんじゃないかと思えるのです。

 (失礼な言い方ですが)ジャリタレ(自称)アイドルがただ撮られているような画像とは全く違って、絡みのシーンでもそのポーズと光がよく計算されていると感じました。

 加えて、同じキスシーンでもテレビドラマの中でアイドルが披露するような固く結んだ口をゴツンとぶつけるような衝突キスと違って、やはり中山美穂さんのキスシーンは熟女の魅力たっぷりで美しかった。

 あ、一応言っておきますけれど、私は芸能活動をしていた時代の中山美穂さんって殆ど知りません。興味のないジャリタレアイドルに分類されていたので…ですから、変な偏見を持って言っている意見じゃないんですよ。この映画だけを見て感じた美しさがありましたと言う事です。

 今日見た3本、どの映画ももう一度見てみたい。見ても良いと思います。いや、見応えのある映画を続けて3本も見るなんて、本当贅沢名1日でした。

公式サイト:http://sayo-itsu.com/
posted by lunatic at 16:00| Comment(28) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★(おもろい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おとうと

 病弱だった夫が亡くなった後、小さな薬局を切り盛りして一人娘小春を育てた吟子は、娘の結婚式を前にして、兄弟の中で落ちこぼれとして育った弟を気にかけていた。弟は夫の十三回忌に酒を飲んで暴れ、今は音信不通。しかし、結婚式当日、話を聞いたと現れ、酒は絶対飲まないと約束して出席するが、誘惑に勝てず酒を飲んで結婚式をぶち壊しにしてしまう…

 もともと、大好きな(そして日本で唯一と思っている、本物の女優の)吉永小百合さんと笑福亭鶴瓶さんの競演ということで楽しみにしていたのですが、なんというんでしょうかね、とにかく、時間も構成も演出もすべてが「丁度いい」という感じです。無駄がありません。

 最初の鶴瓶さんの結婚式をぶち壊すシーンは、なんでみんな止めないんだよと言うあたりにわざとらしさを感じたり、「車で何時間かかるんじゃ。計算あわんじゃろ」というところもありましたが、兎に角、邦画ぎらいの私をして「面白かった」と言わしめる映画でした。

 小林稔侍さん演じる吟子さんの兄も名演で、それがあって吟子さんの性格が際立っていました。これは素晴らしい映画だと思います。多分、今年の邦画ベスト1となるでしょう。

 よく、テレビのCMで映画を見た人が泣いたりと言うのがあって、それを期待して観に行くと肩すかしなんて事が多々ありますが、この映画は結構泣いている人がいたようです。平日だけにそんなに人が入っていなかったんですけれど、あちこちから鼻をすする音が聞こえていました。ええ、風邪を引いている人が一杯居た訳じゃないと思いますよ。

公式サイト:http://www.ototo-movie.jp/
posted by lunatic at 13:00| Comment(9) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★(おもろい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今度は愛妻家

 昔は売れっ子カメラマンだった北見は、今は仕事もせずに貯金を崩して生活をしている。北見は妻桜を尻目に10年で10回の浮気。妻への愛情をうまく示せずにいた。ある時、妻と子作り旅行に沖縄へ連れて行かれる。そしてその日から北見とさくらに変化が…

 結論から言うと、まぁまぁ面白かったです。ただ、ストーリーに秘密を持たせるためか、現代の話と過去の話とが行ったりきたり、同じ話が何度か出てくるなど、わかりにくかったのが残念でした。

 話がゴチャゴチャして多少わかりにくかったことを除けば、話の構成もしっかりしていたし、出てくるキャラクタがしっかりストーリーと絡み合ってうまみを出していて、いつも「邦画はだめだ。脚本家がちょー三流」と嘆いていたのですが、これは少しは意地を見せてもらったという感じがします。

 機会があればもう一度見てもいいかなと思える作品でした。

公式サイト:http://www.toei.co.jp/movie/details/1175461_951.html

2010年01月30日

サロゲート

 身体に障害がある人も、脳の信号を検知して健常者と変わらない動きをロボットで代行出来る…そんなシステムが高じて、全世界の98%の人が自分をロボットに置き換えた社会。事故にあってもそれはロボットであり、本人は安全。どんな容姿も思いのまま…そんな世界で、ロボットが破壊されたらその持ち主も死ぬと言う事件が発生し、FBIのトムは調査を開始した…

 そんな出だしで始まる映画ですが、なんと言えばいいのでしょうね。「ブルース・ウィリスが主演する映画だから、こうなると思って居たよ」…そんな感じの映画でした。でも、脚本が洗練されていなくて不完全燃焼という感じがしました。

 ストーリーの展開が分かりにくくて、「あれ?今のは?」と思って居る内にどんどん話が進んでしまい、最後になって「なんだ、結局は平凡なストーリーだったなぁ」と思ってしまう…そんな展開です。

 全人類の98%が自身をサロゲートに置き換えて生活って…主人公トムの場合は、奥さんともサロゲート同士で合う事はあっても、お互いに顔を合わせる事は殆どないと言うような話になっていますが、じゃあ、その世界では子供はできるの? もう人類絶滅は数世代で完了じゃない? そんな世界が受け入れられるってあり得るのかな。あまりにも無理のある設定だと思えました。だから、話が分かりにくいというか感情移入がしにくいんですよ。

 結論、ある程度は楽しめましたが、お金を出してもう一度見たいとは思わない映画と言う事で評価は星2つとしました。

 公式サイト:http://www.movies.co.jp/surrogate/"
posted by lunatic at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆★★★(びみょー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

オーシャンズ

 様々な海の生き物の映像を楽しむ…そんなつもりで見たのですが、結果としては、中途半端な自然保護の訴えがあったりして、この映画は何を目的としているのかが曖昧で、それが仇となって楽しむ事ができませんでした。

 宮沢りえさんがナレーションの吹き替えをするという事も話題になっていましたが、喋っている話の内容は、全く意味のない、何を言いたいのか、何を伝えたいのか、何を説明したいのかがわからない、きれいそうな単語の羅列にしかなっていなくて、更に映像もそのナレーションから期待されるシーンが途中で終わってしまう事が多々あるなど、心休まる映画を期待していたのに、少しずつイライラが溜まる感じが私はしました。

 エンディングを平原綾香さんが歌っていますが、これも私には神経を苛立たせてくれました。そんなに悪い歌ではないと思いますが、それまでに溜まったイライラを増長させる感じ。

 全く何も考えずに行くと「何を言いたいんだ」と思わず突っ込んでしまいますので、ちょっと自然保護団体のプロパガンダが入った番宣映画と言うスタンスで見ることをお勧めします。

公式サイト:http://oceans.gaga.ne.jp/
posted by lunatic at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆★★★★(おもろない) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

レッドクリフPart I/II(TV)

 三国志の赤壁の戦いを映画化したもの。評価は星1つ。そんな映画をPartI/II分けて書くのはしんどいので、1つにまとめて書きます。

 まず、私はジョン・ウーという監督の映像が嫌いなんですわ。

 なんで、銃を斜に構えなあかんの(この映画じゃないけど)。なんでいちいちくるくる回りながらジャンプせなあかんの。あの映像ってさ、ガンダムの初回で(だったと思うけど)、ジャンプした時くるりと一回転したみたいに落ち着きのない、意味のない、稚拙な演出だわね。それ以外にもそれが素晴らしい演出のように画を止めたりする姑息な技一つ一つがいちいち腹立たしい訳ですよ。

 そんなに腹立たしいならなんで見たのか…ま、たまには偏見を覆す映画を作る人って言うのも居るし、偏見にまみれて全否定するのも何だしって事で見てみたんですけれど、結果として「偏見のままだったやないか」って事です。

 中途半端に三国志を知っている人、全く知らない人には、赤壁の戦いと言う部分だけを抜き出しているので、あれこれ雑多な人が出てこなくてわかりやすいかもしれません。が、ストーリーの善し悪しより、血が多すぎますわ。ま、それがジョン・ウー作品なんでしょうけれどね。こういうのは私には趣味の悪い映画としか見えません。そして、出演しているエキストラ(その他大勢の兵隊)のやる気のない事と言ったら…中国人だから顔の表情が分からない…いや、そんな事はありません。あれはやる気がないんだわ。そして特別出演とか言って出ていた中村獅童さん、申し訳ないけど、画面から浮きすぎです。まるで3D映画を見ているみたいに、あの人のまわりだけ画面から浮いていました。主役級なら目立つ方が正解なのかもしれないですが、私には悪い方の目立ち方、つまり「邪魔」にしか見えませんでした。

 ストーリーの展開も、中国共産党や北朝鮮の検閲にまみれた社会でなら、その一方的なご都合主義も拍手喝采で迎えられるかもしれませんが、こんなんで普通納得すると思う?なめんなよ!って言う感じです。うん、正に時々報道番組で紹介される北朝鮮の士気高揚ドラマを見ているような感じですね。ま、そんな「ジョン・ウー風味のお遊戯を楽しむ映画」というくくりで見れば多少は楽しめる映画なのかもしれませんが、そうじゃなければ正視に耐えない超ウルトラスーパー駄作ですね。

 この映画に褒めるところはあるんでしょうかね。ま、偏見たっぷり持っている私の感想ですから、話半分で聞いてくれたらええんちゃいますか。

 まぁ、駄作と言えども、一応2作通して見る事はできましたので、星1つにしておきます。

posted by lunatic at 12:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆★★★★(おもろない) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

交渉人 真下正義(TV録画)

 踊る大捜査線とかいうシリーズの関連みたいですが、私はその本線をあんまり見ていないので、そちらを知っているのが当たり前という前提だったらほとんど楽しめなかったでしょうけれど、一応それでも何とか筋はわかりました。

 このシリーズはかなり人気を博したと聞いていますが本当でしょうか。私の目には、他の日本映画と一緒で、脚本が悪いから面白くない、または面白い脚本を書いていたとしても、金がないから実現できないというジレンマなのかもしれませんが、兎に角話の展開に無理がありすぎて中に入っていけないんです。キャラ設定も、この性格が必要かはほとんど練られていなくて、単にちょっとここでお茶らけた人がほしいとかそんな程度で配役が決まっているような気がします。

 果たして爆弾を積んでいるかもしれない列車を、一般市民が避難もしていない大都会で狙撃する許可が出るものなのか、銃を構えた集団が街中を闊歩するものなのか、私には不自然にしか映りませんでした。更にいえば、コンピュータへの仕掛けはまだ良いとしても、犯人が爆弾を仕掛けられる理由がどうやっても見えてきませんし、結末も謎を謎のままにして終わらせたというより、収拾がつかなくなってごまかしたという感じしかしませんでした。

 という事で、お遊戯としてなら「まぁまぁ面白かった」といえますが、きちんとした映画として評価するには力不足かなと思われます。が、他の本当に見る価値もない邦画に比べれば、ミミズの髪の毛一本くらいはましな気がしますので星2つということにしておきます。

 どうか、もう少しまともな映画を作る努力をしてほしいものです。それだけの力はあると思うんですがねぇ…
posted by lunatic at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆★★★(びみょー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

のだめカンタービレ 最終楽章前編

 二ノ宮知子さん原作の同名漫画を映像化したもの。のだめと千明がフランスに行った後の話で、千明がマルレ・オーケストラを任されるあたりが中心のお話。詳しくは漫画を見ましょう(リンク)。

 漫画を読んでいる人にはちょっと物足りないかもしれません。私自身、この漫画の中で一番面白いと思っているのが、丁度このマルレオケの建て直し部分で、団員と主人公達の掛け合いが絶妙と思っているのですが、それが映画ではあまり反映されていないかなぁと…まぁ、考えてみれば、マンガは音楽の演奏シーンは最短1コマで追われるのに対し、映像ではある程度演奏しなければ何が何だか分からなくなりますから、そこに「何か」を突っ込まなければならないと言う違いがあるのですから、マンガと表現が違ってくるのは致し方のない事ではありますね。

 そんな違いを受け止めれば、よくもまぁマンガ的表現を一生懸命映像化したなぁと感心してしまう事しきりですよ。この映画は完全に娯楽映画ですから、見て楽しければそれで良しです。そういう意味で大変良くできていたと思います。それにしても竹中直人さんのシュトレーゼマンはいつ見ても違和感ありありです。そしてそれが味になっていると思わせる強引さが好きです。また、のだめ役の上野樹里さん、あなたはどうしてそんなに役にはまっているのでしょう…

公式ページ:http://www.nodame-movie.jp/index.html
posted by lunatic at 12:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★(おもろい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

アバター(3D字幕)

 地球から5光年はなれた衛星パンドラには、高価な資源が眠っている。しかし、その鉱脈の上には先住民ナヴィが住んでいた。資源開発会社はナヴィに対して、平和裏に交渉をしようとするが埒があかない。業を煮やした軍事部門、そしてパンドラの土着植物や先住民を軽視するプロジェクトリーダーの元、パンドラへの侵略が始まる。アバタードライバーのジェイクは、あるきっかけでナヴィの部族の一員として教育を受けることを許され、着実に課題をこなし、一員としての信頼を得た。その矢先の侵略。ジェイクはそれを止めようとするが、軍は研究所を急襲し、アバターのリンクを切ってジェイク等を監禁してしまう。果たして彼らの運命は…

 監督であるジェームズ・キャメロンさんは宮崎駿さんのアニメが好きで、少なからず影響を受けていると言う話をしているようですが、この映画を要約すると、私にはイギリスを追われた清教徒が、アメリカでいわゆるインディアンを駆逐した話、ベトナム戦争での無差別爆撃、奴隷交易などの話に宮崎アニメの「風の谷のナウシカ」を組み合わせたような話だなと思えました。キャメロンさんは「もののけ姫」に敬意を評した部分があると言ったようですが、私にはそれよりナウシカでした。

 映画そのものは、単純娯楽作品としてみればとてもよく出来ています。上映時間が2時間45分と長いにもかかわらず、あっという間に過ぎますね。兎に角絵がきれいで、ストーリーのテンポも良いので中だるみする暇もなく最期まで一気に行っちゃいます。

 でも、ストーリーとしてはかなり消化不良もあるように思えます。SFの世界では古典とも言える話ですが、植物の根が脳細胞のように広がる星…この辺りがひとつのテーマのように進行していたのに、結局はナウシカの金色の草原みたいな話になって中途半端に終わってしまったが残念。ただでさえ長い映画ですから、その辺りのエピソードは端折るしかなかったと言う感もありますが、だったら、この辺りの話はもっとトーンダウンさせるとか、逆にもう少し掘り下げて欲しかったなと言う気がします。

 ストーリー自体はありきたりです。バカ殿と悪代官、正義感あふれる家臣がいて、家臣は悪代官やバカ殿の暴走に抑圧されていますが、そこに外部からヒーローが登場。最初は悪が暴虐の限りを尽くすけど、「正義よ立ち上がれ」と叫ぶと奇跡が起こって、必ず正義は勝つでチャンチャン。見ていて安心できる鉄板ストーリーですね。でも、この映画はそれでいいのでしょう。先に話した消化不良も含め、この映画は深く考えるような映画じゃないと割りきってしまえば、このままで十分楽しめます。逆に「自然破壊はこんなにも悲惨だぞ」と言う話を訴えたいとしたら、まぁ視覚的には成功していると思いますが、「自然破壊」より「アメリカ人の傲慢」が前面に押し出されてしまうでしょうね。

 兎に角、「3時間くらい余っちゃったけど、どうやって暇つぶししようか」と言う方には最適の映画です。でも、ストーリーが単純すぎて、その面では退屈な映画です。と言うことで、星4つとしました。

公式サイト:http://movies.foxjapan.com/avatar/
posted by lunatic at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★(おもろい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

カールじいさんと空飛ぶ家(3D字幕)

 冒険好きな少年カールと少女エリーは、いつか夢の地に家を建て暮らすことを夢見、成長し、結婚した。しかし、夢は果たされることなくエリーは亡くなり、1人残されたカールはある出来事をきっかけに夢の地に向かって冒険に旅立つ。そこで待っていたものは…

 まず、映画を見てきて改めてユナイテッド・シネマの映画紹介ページを観てわかったこと。2人は19歳で結婚したらしい。あの家は子供の頃の秘密基地(?)だった家であったらしい。冒険に出たときカールは78歳だったらしい…まぁそういう設定が細かくあって、ストーリーは面白くなるかもしれませんが、本編ではそういうことは全く触れられていなかったと思います。そして、判らなくても問題なく楽しめました。

 わざわざ高いカネを払って3Dにして、更に字幕にしたのは、せっかくだからこの映画を楽しみたかったから。切符を買ったときには「今日は空いています」と言われ、確かに観客は10人か15人程度だったと思います。400席近いところでですよ。なのに、なんで私の後ろに子供の集団が陣取るのでしょう。映画が始まってもぺちゃくちゃうるさいし、身長178cmの私がめいっぱい足を伸ばしても前の席に届くのがやっと程度なのに、後ろからどんどん蹴りが入るし、本当うるさかった。うるさい方は「少し静かにしなさい」と言ってある程度は聞き入れられたけど、後1回蹴りが入ったら映画の途中とはいえ、相手が子供とはいえ、かなり怒っていたかもしれない…それくらい腹立たしいうるささでした。それが残念です。

 どうか、字幕と吹き替えがある場合、ある程度静かに見られない年齢の子供は字幕には入れないような規則を作って欲しいものです。

 映画は可もなく不可もなくと言う感じだったかな。良く出来てはいます。毎度のことながら水戸黄門よろしく、テンポの良い起承転結が流れて行って、楽しくあっという間に時間が過ぎました。3Dも本当よく出来ていますね。ただ、この映画を見た後はかなり目が疲れたように感じます。スイッチングしているわけじゃなく、左右の視差を偏光グラスを通してそれぞれの目に投影しているだけですから、そんなに疲れるはずはないのですが、まぁこういうのは理屈じゃないと言うことでしょう。

 兎に角、3D映画の見せどころと言う部分もいくつかあって、凄いなぁと思えますし、そういう小手先の技術ではない部分でも、ストーリーが面白くて魅入ってしまいます。でも、もう一度金を出しても見たいかと問われると「う〜ん」となってしまいます。

公式サイト:http://www.disney.co.jp/movies/carl-gsan/
公式サイトはエンコードのエラーで見られない状態です(2009/12/17 23:50現在)


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。