2008年08月30日

ハンコック

ウィル・スミスが主演のスーパーヒーローもの?

空を飛び、トレーラーをも持ち上げる怪力、そして銃弾も通さない皮膚…そんなものを持って悪に立ち向かって入るけど、普段から酒を浴びるように飲み、空から降りてくれば地面を削り、犯人を取り押さえるために町中を壊すため、裁判所からは損害賠償の召喚状が山のように送られ、町の人からは鼻をつままれる…そんな主人公ハンコックが、たまたま助けたPR会社の男に「下手な生き方をせず、みんなに愛されるように変わろう」と持ちかけられ…

そんな映画ですかね。
テレビや他の映画で流れる予告編を見た時に、かなり面白そうと期待をして見に行ったのですけれど、実際にはちょっと違うかなぁ…喜劇映画ではなく、人間模様を書いたドラマになり損なった感じ…十分面白いんだけど、映画の間中笑っていられるとか、何も考えずに楽しめるっていう映画じゃなかった。そういうのを期待して言っただけにちょっと「レレレのレ」って感じになりました。でも、頭さえ切り替えたらとても良い映画だったと思います。良くも悪くもアメリカ的かな。

バットマンリターンズがヒーローの苦悩を描いた名作だとしたら、これはそこまで深くはないけど、ちょっと考えさせる楽しい物語ですかね。

公式ページ:http://www.sonypictures.jp/movies/hancock/

2008年08月02日

カンフー・パンダ

【粗筋】カンフーに憧れるラーメン屋の息子パンダのポーは、なぜかカンフーの最高位である竜の戦士に選ばれる。カンフーの達人であるタイ・ランは本当は自分がなるはずだった竜の戦士の地位を奪われると聞き、厳重な見張りの牢を脱し、竜の極意を奪いに向かう。ボテ腹のポーを見て誰もが「これが竜の戦士?」と言うが…

【評】私はとても気に入りました。ストーリー自体は誰でもが簡単に想像できるありきたりの物。でも、それでも引き込まれる魅力があります。それはカンフーの一つ一つのポーズや動きであったり、話す言葉の面白さだったりするのでしょうね。私は吹き替えが好きではないので字幕版で見ましたが、そんなに難しい英語を使っていませんので、字幕を見ながら英語の言葉の感情を聴いて十分理解できました。下記の公式ページやテレビの予告などで吹き替えを耳にすることがありますが、個人的には字幕を見て正解だったなと思います。

兎に角、時間があったらお金を払ってももう一度みたい映画、DVDが出たら是非買いたい映画だと思います。


公式ページ:http://www.kungfupandainternational.com/intl/jp/
posted by lunatic at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆(さいこー!!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。