2008年09月06日

幸せの1ページ

大人気の冒険小説を書く作家は、実は対人恐怖症で外出恐怖症。そして潔癖症の引きこもり。そんな彼女に、南の孤島からSOSが届いて…

私は、映画を見る前に余計な知識を入れないようにしています。「誰それが出ているから」「誰それが作った映画だから」なんて知識で見るようになったら面白くないと思うからです。ですから、何かの映画を見に行ったときの近日公開の予告などで面白そうと思ったものを見るという事を繰り返していて、この映画も予告を見て面白そうとチケットを購入したのですが、見事にだまされました。予告で想像する映画の内容と、実際の内容は全くかけ離れていました。更に、映画を見終わった後、公式ページを見てみたのですが、もしそれを先に見ていたとしても、私は同じ間違いを犯していたでしょう。それ位、そのストーリ紹介、予告から受ける印象と実際の映画は違っていると思います。

私としては、例えば「トスカーナの休日」のような大人目線での映画を期待していたのですが、残念ながらこれは子供向け映画です。動物+子供が主人公の、私には全く興味のない映画でした。「ザスーラ」とか「ホーム・アローン」のような映画が好みの人にはお勧めです。

不満は多々ありますが、それは大人向け映画を期待した私が子供向け映画を見た結果ですので、ここでは控えさせていただきます。ただただ、ジャンルが違っただけ…はぁ時間の無駄でした。残念…



公式ページ:http://shiawase1.jp/index2.html



最初は☆0個(ゴミやゴミ!)だったのですが、2008年9月13日「ウォンテッド」と言う屑映画を見てしまったため、それに比べたらまだましと言うことで、評価を1つ上げ、☆1つ(おもろない)に変更しました。(2008/09/13)
posted by lunatic at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆★★★★(おもろない) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。