2005年12月13日

ゴースト/ニューヨークの幻(DVD)



サムとモリーはニューヨークの一角で同棲を始めた。その後、サムは自分の勤める銀行で怪しい動きをする大金の流れを見つけたが解決には至らなかった。その夜モリーと待ち合わせてオペラを感激した帰り、二人はスラム街で強盗に襲われ絶命する。しかし、サムは実態のない幽霊となってこの世に残った。そして、サムは自分を殺した犯人を見つけるがその黒幕は…そして、霊媒師のオダ・メイを媒介にモリーに知らせようとするが…

最初の内は本当に中途半端に感じました。起承転結の「起」、この物語がどんな設定で、そこに登場する人物はどんな人なのかを紹介していく訳ですが、その「間」が何とも間延びしてイライラします。そこにサムとモリーの中途半端なラブシーンみたいなのがある物だからイライラが最高潮に達するんです。「うぜー!」ってな感じです。2度くらい「もう見るのはやめようか」と思ったくらいですよ。
ところがサムが死んで幽霊になった所から多少テンポが良くなってきて、更にデミ・ムーアのkなしみにくれる顔がかわいくて…おもしろくなってきます。けれど、今度はウーピー・ゴールドバーグ演じるオダ・メイが演技過剰でつまらない…どちらかと言えば脚本が悪すぎるんでしょうね。兎にも角にも全ての展開が先読み出来ちゃうくらい単純でひねりがないし、その程度のストーリーで少しでもメリハリをつけようとしているのか、兎にも角にも大袈裟でわざとらしくて突っ込みどころ満載。そんな感じですが、それでも、映画としてはそれなりに見られたし、まぁプロレス(できレース)でも見ている気分で楽しむことができました。なによりデミ・ムーアがきれい…(こればっかし)
でも、最初からサムを演じた役者さんの顔がゴジラ松井に見えて仕方なかった…それもマイナスポイントかも。
可もあり不可もあり、平均して☆3つですね。こういう起伏の激しいのもたまには良いですね。



Amazonで検索した結果

DVD

CD





トラックバックさせていただいた(はずの)ブログ(敬称略)

おなじ星♪
Midnight★Pontoon
ろみーの独り言
ブログーッ( ^ー゜)b
映画のせかい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ゴースト ニューヨークの幻 #267
Excerpt: 1990年 アメリカ 127 分 いいよねー。このわかりやすさ。定番でしょう。この映画のあらすじを何度でもノートに書いてまとめたらシナリオライターへの近道だと思う。基本型をしっかり押さえて、あとは自..
Weblog: 映画のせかい
Tracked: 2005-12-17 09:35

ゴースト/ニューヨークの幻
Excerpt: 公開当時、”究極のラブ・ストーリー!”みたいな感じで言われていて 2人でろくろを回す(?)シーンや デミ・ムーアのショート・ヘアはブームになり 私は世間のノリについていけず。 随分経って、テレ..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-04-13 01:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。