2008年09月13日

ウォンテッド

ウェスリーは、冴えない自分の人生を嘆いていた。仕事もうまく行かず、恋人も友人に寝取られ…そんな人生に嘆いていたある日、目の前に謎の美女が現れた。そして突然の銃撃戦。彼らははるか昔から運命をつかさどる暗殺集団で、ウェスリーもその暗殺者の血を引いているという…

【評】
テレビや映画の前に流れる予告は面白そうなカーアクションなど魅力的なシーンがあります。が、実際そんなシーンはそこだけ。後は、ひたすら単調で退屈でありきたりなストーリー展開。
この監督は銃撃に特別なこだわりがあるというか、この映画は銃撃戦を如何に残酷に描くかにこだわって、それを描きたいが為に作成した映画という感じがしました。ジョン・ウー監督の映画みたいに銃の撃ち方にこだわりがあるのはわかりますが、見ていて不快になる映像が多く、R-15指定となっていますが、本当に高校生に見せても良い映像なの?と疑問に思いました。

ゲームの中で人を殴ったり殺したりする感覚で映画を作るとこんな感じなのかな。少なくとも私は不愉快にはなり、この映画を面白いと思うことは出来ませんでした。アンジェリーナ・ジョリーのかわいいお尻を見ることができたのは、健全なおっさんとして嬉しかったですが、それ以外は見るのも苦痛又は退屈な映画でした。

従いまして、☆は1つの価値も見出せません。
つい先日、「幸せの1ページ」と言う映画でも☆0個と言うのがありましたが、あちらはその映画が大人向けではなく子供向けだったと言う誤算から来るもので、今回の映画に比べたらまだマシです。この映画は本当私にとっては最低、金返せ!の最有力候補です。と言うことで、「幸せの1ページ」は評価を1つ上げておきます。


公式ページ(?):http://www.choose-your-destiny.jp/
posted by lunatic at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★★(ゴミやゴミ!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106517339

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。