2008年10月18日

P.S.アイラヴユー

夫ジェリーの突然の死で、家族や友人の心配をよそに哀しみに浸り引きこもる妻ホリー。

そんなホリーの誕生日に、ジェリーからケーキとテープのメッセージが届けられる。「悲しまないで」「これから様々な方法でいくつかのメッセージが届く」「引きこもっていないで外に出て騒げ」そんな言葉にホリーは励まされ…

【評】
この映画の冒頭部分にジェリーとホリーの夫婦喧嘩があります。結構激しい言い合い。でも、夫の「もう仲直りをしないか?」の儀式で2人は仲直りをして行きます。この短いエピソードで2人の仲の良さ、絆の深さが描かれていて、私はとてもこの映画が好きになりました。

独り身の人には分らないかもしれませんが、夫婦の間には2人だけの世界っていうのが少なからずできあがるもので、他の人には「もう破局」としか見えない状況に見えても、次の瞬間に普通に戻っていたりするんですよね。

でも、その後のジェリーの死後、折を見てジェリーからの手紙がホリーに届くというのが「ろまんちっく」なのか「薄気味悪い」なのか…それは受け取る人次第じゃないかなと思います。が、映画の最中、そこここからすすり泣く声が聞こえてきたところをみると、女性には「ろまんちっく」な事に思えるんでしょうね。私は「死んだ後まで、妻が悲しむなんて想像するやつもいけ好かないけど、その通り悲しんで、死んだ夫の手紙を待ちわびる女性っていうのもちょっと気持ち悪いかも」と思っちゃいました。でも、映画としては十分楽しく、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

久しぶりにおもしろい映画を見たという気がします。

公式ページ:http://www.psiloveyou.jp/
posted by lunatic at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★(おもろい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108622746

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。