2009年03月07日

ヤッターマン

竜の子プロのアニメを実写化した映画。

兎に角、今回は田舎に住んでいて良かったと実感しました。
東京の映画館なら、それなりに混雑もしたんじゃないかと思うのですが、田舎の映画館は結構ガラガラでした。ネットでチケットを予約したんですが、もう一番良い列のど真ん中の席がとれましたとも。

さて、映画ですが、私の年代には「懐かしくて、楽しい思い出」であろうアニメのヤッターマンを実写化すると言うことで、どんな風になるんだろうと不安と期待が入り交じっていて、期待の多くはドロンジョ役の深田さんでしょうか(男の場合はそうだよね? ね・ね・ね)

日本映画に全く期待を持っていない私ですが、この映画は結構楽しめました。元がアニメで、お馬鹿な娯楽作品だからと言う気楽さもあって、本当に肩の力を抜いて楽しめました。

まだまだCGが甘い部分もたくさんあったし、作り込みがあまりにも細かすぎて目が疲れる場面もありましたけれど、「よく頑張りましたね」と言える作品じゃないでしょうか。

ただ、最後の部分が余計に長すぎたなぁと言う感じはあります(つまり、やはり演出はまだ良く言って1.5〜2流だなと言う事です)。

でも、Blu-rayでソフトが出たら買ってしまうかもしれません。それくらい良い出来だったと思います。

公式サイト:http://www.yatterman-movie.com/
posted by lunatic at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★(おもろい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。