2009年08月31日

オリヲン座からの招待状(TV)

「突然ではございますが、昭和25年の開館以来…」と一通の映画館の閉館挨拶とともに、招待状がある夫婦の下に送り届けられる。昭和32年、無一文で映画館に押しかけで弟子となった留吉が一人前になる頃、館主である松蔵が病に倒れる。周囲の人は無責任にも、留吉が松蔵の妻トヨを寝取ったなどとうわさを流したり、テレビの時代が始まり映画産業の斜陽が始まるなど時代は映画に背を向け始める。そんな中、留吉とトヨは…そして、子供の頃をこの映画館で過ごした夫婦は…

一言で言うと、「こんな映画を作れる人が居るなら、まだ邦画も期待できる」…そんな風に感じた映画でした。

兎に角、映画への愛情に満ち溢れていますね。それは脚本にも、構図にも、そして俳優さんの演技にも現れていて、本当に「見入って」しまいました。特に宮沢りえさんの演技は図抜けている感じです。ある意味ちょっと感動しちゃいましたよ。

多少は無理っぽい設定もありますが、全体のできのよさに比べたら瑣末なことです。この映画はとてもよかった。また見たいし、金を払う価値があります。多分、私が今までに見た邦画の中では1番か2番のできでしょう。そういう評価だけしておきます。



公式ページ:http://www.orionza-movie.jp/
posted by lunatic at 20:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★(おもろい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

オッサンらしく若いコはイかせまくってやる!(`・ω・´)
・・・って気合入れてたけど反対にイかせられまくりな件wwwww

つか最近のコって腰 使 いとかナメナメとかウマすぎる!www
オレがやったことといえば「ア"ー!ア"ー!」って悶えてたぐらいだし(笑)
これで8 万もらえるんだから楽な仕事だなwwwww

http://mao.ACmaHSjfMS.com/ws5ekhv/
Posted by ダンディ村田 at 2009年10月24日 21:17

今さっき相手した女はやばかった!
http://pyoN.TamatamanigittaYO.com/1sue12g/
マ-ン-コの中でドジョウ飼ってんのか?って感じの感 触だったし!!w
オレ入れた瞬間思わず待ったかけちゃったよ(笑)
Posted by くりおな at 2009年11月01日 08:00

あひょー!!りおちゃんマ ジ 濡 れ す ぎだYO!

http://Tao.Chala-head.com/1m6xsn-/

ちょっとクリ触っただけでマ ン 汁が滝みたいに流れてくるし(`・ω・´;)
チ ※ コ入れようもんなら押し出される勢いで大変だったわ!
結局めんどくて全部りおちゃんにおまかせしたけどな(笑)
Posted by マサシ at 2009年11月04日 10:10

初めてナマで見たマ∝コにテンションのリミッター外れちゃったわwwwww
夢中でぷにぷにイジったり栗ちゃんもペロペロしまくったし!!!!wwww

もーガマンできなくてオレのどうていチ∝ポ(笑)ブチ込んだんだけど
ホカホカのナマま∝こってオナホなんかと比べ物にならんくらい気持ちいいのな!!!!
マジでチ∝ポとろけそうになったぜぇぇぇぇぇwwwwww
http://toma.hun-kun.net/79juxxy/
Posted by 全回転マン at 2009年11月14日 04:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126962798

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。