2010年01月30日

サロゲート

 身体に障害がある人も、脳の信号を検知して健常者と変わらない動きをロボットで代行出来る…そんなシステムが高じて、全世界の98%の人が自分をロボットに置き換えた社会。事故にあってもそれはロボットであり、本人は安全。どんな容姿も思いのまま…そんな世界で、ロボットが破壊されたらその持ち主も死ぬと言う事件が発生し、FBIのトムは調査を開始した…

 そんな出だしで始まる映画ですが、なんと言えばいいのでしょうね。「ブルース・ウィリスが主演する映画だから、こうなると思って居たよ」…そんな感じの映画でした。でも、脚本が洗練されていなくて不完全燃焼という感じがしました。

 ストーリーの展開が分かりにくくて、「あれ?今のは?」と思って居る内にどんどん話が進んでしまい、最後になって「なんだ、結局は平凡なストーリーだったなぁ」と思ってしまう…そんな展開です。

 全人類の98%が自身をサロゲートに置き換えて生活って…主人公トムの場合は、奥さんともサロゲート同士で合う事はあっても、お互いに顔を合わせる事は殆どないと言うような話になっていますが、じゃあ、その世界では子供はできるの? もう人類絶滅は数世代で完了じゃない? そんな世界が受け入れられるってあり得るのかな。あまりにも無理のある設定だと思えました。だから、話が分かりにくいというか感情移入がしにくいんですよ。

 結論、ある程度は楽しめましたが、お金を出してもう一度見たいとは思わない映画と言う事で評価は星2つとしました。

 公式サイト:http://www.movies.co.jp/surrogate/"
posted by lunatic at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆★★★(びみょー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。