2005年01月01日

ゴジラ FINAL WARS

はっきり言って「最低最悪の映画」で見る価値はありません。金返せと叫びたいです。

星0個です。っていうか評価対象外です。幼稚園のお遊戯を見ている方がマシ。

もう、ここまでで充分お目汚しになっていますので、これ以上は表に書きません。この映画の評価に興味がある人はどうぞ「続きを読む」をクリックしてください。




02/28「ゴジラFINAL WARSについて



-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


マニアの人の意見はどうか知りませんが、私はこれは今まで見た中でも最大級の駄作であり、映画に対する冒涜なんじゃないかなと思います。こんな映画を平気でリリースする東宝という会社とこの映画の監督および脚本家の厚顔無恥さにびっくりしました。
まず、映画の骨子である脚本があまりにも稚拙。稚拙な脚本だけでも腹がたつのに、M:I-2とマトリックスを猿まねしたくだらない特撮。なにもジョン・ウー映画の銃の撃ち方まで猿まねする事もなかろうもん。そして三流と言ったら三流脚本家に失礼と思われるこの最低の脚本は後半部分をインデペンデンスデイのストーリーをパクリ始めます。ファンから見たら懐かしい怪獣がたくさん出てきたから満足と思うものなのかもしれませんが、マニアでもなんでもない私からみたら、インデペンデンスデイとM: I-2とマトリクスを参考にして作ったプロットの上に怪獣をちりばめて、後は才能のない脚本家がしょうもない才能のなさを示すだけのプロットを挿入してできた必然性も蓋然性もない穴だらけ矛盾だらけの脚本を「どうせ子供向けだし、FINALってつけておけば、適当に作ってもマニアは食いついてくるさ。兎に角金を掛けずに儲けられたらそれで良いんだよ」と言わんばかりのボロ儲けを目論んだ手抜き映画としか思えませんでした。
私は映画に友人と行ったのですが、この映画を見たいと言ったのは友人なので、正直私は始まって5分で余りのひどさに出て行こうと思ったのですが、友人の手前我慢したんです。「FINAL」と言うくらいだから、後に行けば多少はまともになるんじゃないかと思いました。しかし、その期待は見事に打ち砕かれて終りました。開口一番友人は「始まって10分しない内に出て行こうかと思ったけど、おまえが居たから我慢した」んだそうです。我慢するなよぉ…
posted by lunatic at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★★(ゴミやゴミ!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2145839

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。