2006年08月14日

STAR WARS EPISODE I〜VIとCLONE WARS vol1〜2

先日WOWOWで放送されたものを録画して、今回初めてEPISODE IからVIまでとClone WarsVol.1,2をあわせ、順に見てみました。(Episode I,II,vol.1,vol.2,EpisodeIII,IV,V,VIの順)

結論から言って、通して見てみても私の評価は変わりませんでした。「この映画はちょーつまんない。見るのは時間の無駄」です。

アメリカの映画、ドラマのテーマは決まって「正義」と「家族愛」です。STAR WARSも例外ではなく

  • 正義は必ず勝つ。
  • 家族には深い絆がある。
  • どんなに悪い人でも家族への情は断ち切れない

たったこれだけのキーワードでもう説明できちゃったと思いませんか。

30年もの時間と膨大な費用をかけて、更にアレだけお祭り騒ぎをして、結局このたった数十文字だけをドラマにしているのです。あまりにも中身がなくてくだらなくてため息が出てきてしまいます。
こんなのはこれだけ壮大な時間と金をかけなくても、アメリカのドラマなどを見ていれば事足りると思いますね。

EPISODE IVはその時代であっと言わせるような特撮の効果がありました。多くの映画がこのEPISODE IVを参考に、追いつけ追い越せと目標にしたことでしょう。それは紛れもない歴史に残すべき功績だと思いますが、以降に作られたものはどうでしょう。EPISODE VIなどはただ様々な生き物を作って動かしてみたかっただけのようにしか見えません。この映画に出てきた様々な生き物の中で、本当に存在が必要だったのはごく少数に過ぎません。後はただ製作者の自己満足です。昨年のキングコングのスカル島の話と一緒で「全て冗長」でしかありません。

ジェダイと言う集団がなぜ皆に信頼され権力を持つに至ったのでしょう。そこにはそれだけの信頼を得る働きがあったからでしょうし、ジェダイの騎士は、知力、体力、精神力が備わって初めてその資格を得られるのではないでしょうか。それはある意味日本の武士道に通じるところがあると思います。しかし、柔道などに「有効」や「効果」のようなポイント制を導入する、武士道のわからない欧米の未熟な精神ではジェダイの騎士もポイント制で、未熟な精神も優れた武術が補ってジェダイにしてしまうというあたりが笑えました。

兎に角、その「信頼されている」ジェダイが、議長のたった一言「彼らが裏切って反乱を目論んだ」と言う言葉を鵜呑みにして「裏切り者」とされ、あまつさえ「帝国」が満場一致の拍手で承認されるって言うのは説得力がありませんし、ダース・ベイダーはマスターと2人で銀河を牛耳っているという感じの事を言っていましたし、実際EPISODE VIで2人がいなくなると平和が戻ってきたような感じも見えたのですけれど、じゃあ 強大な帝国軍って2人がいなくなっただけで壊滅しちゃうほどもろかったの? あまりにも設定がおかしすぎますよね。

フォースとダークサイド…フォースは善の力で、ダークサイドはそれに加えて憎しみなど全ての感情を力にするということなのでしょうか。なんというか、西洋人が理解不能だけどあこがれる東洋思想を勝手な解釈で表現したという感じがします。日本人だったら何となく理解できることではないでしょうか。でも、欧米の人にはそれが理解できず、あんな表現になるのでしょうね。

兎にも角にも、中身が薄く見るだけ時間の無駄と言う感が強くて、観終わった後でどっと疲れが出てきました。そんな訳で本当は星0個と言いたいのですけれど、ま1つくらいの価値はあるんじゃないの?と自分に言い聞かせ星1つとします。
posted by lunatic at 01:08| Comment(0) | TrackBack(3) | ☆★★★★(おもろない) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22316648

この記事へのトラックバック

還ってきた「スーパーマン」
Excerpt: 昨日、野球が終わってから、オイラは一人で、みなとみらい界隈をブラブラして、時間
Weblog: つねさんの人生奮闘記
Tracked: 2006-08-25 17:05

秋の夜長は「バックダンサーズ」
Excerpt: この週末(9月22日)は、久々に映画を観に行くことにした。 横浜の109シネマ
Weblog: つねさんの人生奮闘記
Tracked: 2006-09-23 01:07

雨の横浜で「X-MEN」
Excerpt: そろそろ、「X-MEN」の上映が打ち切りなるのではないかと思い、今日しかないと
Weblog: つねさんの人生奮闘記
Tracked: 2006-09-27 00:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。