2005年03月10日

海猿(DVD)

私の感想としては、この映画はとても残念な映画だと思います。
切り捨てていってしまえば、この映画はフジテレビの午後1時半から放送しているドラマの感覚で作られた駄作だなと言う感じでしょうか。「薔薇と牡丹」「愛のソレア」でしたっけ、あんな感じの映画です。それなりに話題になる番組は作っているようですが、マジに見る気にならない。でも暇つぶしにはなる。その程度の内容でしかないのです。いや、この映画が惜しいなと思うのは、実際の潜水士の方や海上保安庁の方、スキューバのエキスパートが見られたらどのように思うかは分かりませんが、潜水に関して全くずぶの素人である私から見たら、「最終試験」までは「こういう社会ではそう言う事もあるかとは理解しますけれど、でもケツ出し過ぎだよね。男の裸シーン多すぎだよね。もしかしてゲイ向け?」と思う事もありましたが、その辺りまでは見え見えのストーリーではあっても、変!と思うことは多々あっても、それでも楽しんでみることができたのです。が、「最終試験」のエピソードから突然、昼のドラマに成り下がってしまいました。説得力のない突発事故、説得力のない行動や台詞。ここまで映画に同化していた観客を突然突き放して、勝手に「お涙ちょうだい」「感動してちょうだい」と猿みたいにマスターベーションを始めてしまいます。見ている側はそれなりに映画の中に入り込んでいたのに、このシーンから傍観者になって「はぁ〜」とため息をつくしか無くなってしまうんですね。なんであんな安易なストーリーしか作れないのでしょう。

「宇宙の戦士」というSF小説があります。この小説、原題の「スターシップ・トゥルーパーズ(Starship Troopers)」の名前で映画化もされていますが、映画の方は見る価値がありません。いや、映画自体の魅力があるかないかではなく(私には価値0ですが)、映画は小説とは全く別のラブストーリーになっているので小説とは別物ですと言うことです。この本、私にとってはバイブル的な存在で、何十回も読み返してボロボロにして、今私の手元には三冊目の本が置いてあるのです。この小説、最初に数ページの戦闘シーンがある以外は、その殆どが主人公である新兵の訓練の描写で終っていますし、ラブストーリーもありません。
私はこの「海猿」が求めるべきだったのはこの映画のこのシーンだったと思います。退屈だし、海難救助が楽しいはずもない。でも、訓練に明け暮れる。そこには不純な動機もあるかもしれないけれど、楽をしたいならもっと楽な道はいくらでもある。そこにあるのは使命感である。下手に表現をしたら「くっさー」と言われる事かもしれませんが、それをうまく表現するべきだったんじゃないのかな。それを安易に感動や涙にしようと最終訓練のエピソードをつけるから薄っぺらになってしまうのです。
それまで主任教官がしつこく言ってきた「2人で1人分の酸素しかない。おまえならどうする?(意訳)」という台詞、これは「実際の現場に出たら理想や個人の思いなんか通じない厳しい現実が待っている。それにおまえはどう対処するのか、その準備ができているのか」という問いかけではないかと思っていました。が、この猿のマスターベーション(最終訓練)でその台詞は一気に陳腐化されてしまいます。突然映画の外に押し出されてマスターベーションを見る傍観者にさせられて、更にそれまでこの映画のメッセージを受け取ろうとしていた自分がピエロだったと、「こんな映画にメッセージなんかある訳ねーだろ。考えても見ろよ。「踊る大捜査線THE MOVIE」のスタッフが作ったって書いてあるだろうがよ。そこに何を期待して居るんだよ。笑えりゃいーんだよ。暇つぶしになりゃーそれでいーんだよ。何を期待してんだよターコ!」と映画がこちらをあざ笑ってくるのです。本当最後の最後にどうしてこんな思いをしなければならないんだろう。どうして、このバカども(制作側)はこんな事が映画だと思うんだろう。テレビと映画を同じに考えて居るんじゃねーのか? とついつい言葉までべらんめぇ調になってしまうのでした。

そんな訳で、この映画を見て「北の零年」と「ローレライ」に星をつけすぎたかもしれないと後悔した次第です。正直なところ、この映画は星2つ位なんじゃないかな。でも、「じゃあ、ローレライとどちらがおもしろかった?」と聞かれたら、「同じくらいくだらなかった」と答える訳で、ローレライが星4つなら、こっちが2つというのはバランスが取れません。ただ、途中までの出来が良くて、ローレライより期待が大きかっただけに落胆も大きかった。そんな訳でこちらは星3つとさせていただこうと思います。




Amazon検索結果

DVD


コミック

その他検索結果


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

海猿
Excerpt: 自分もそうだけれど、海上保安庁と海上自衛隊とか 区別が付かなかったりするのだけれど、海保の人達の イメージ(体育会系)って感じで描かれています。 実際もそうなのか?知らないけれど・・ {/face_a..
Weblog: 気ままに〜ひとりごと日記
Tracked: 2005-03-14 19:49


Excerpt: 愛のソレア『愛のソレア』(あいのそれあ)は、東海テレビ放送|東海テレビ・フジテレビジョン|フジテレビ系列で、2004年9月27日から12月29日まで放送された昼ドラマ|昼のテレビドラマ。.wikili..
Weblog: あのドラマに夢中!
Tracked: 2007-07-30 12:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。