2005年03月15日

ローレライ ショック!やはり707が…

私がここ以外にに書いたローレライ関連の記事です。
03/01「ローレライの予告を見て…
03/03「伊507って…
03/06「ローレライ
03/10「ローレライのフィギュア
03/11「ローレライ 妻夫木の罪とは
03/13「ローレライ 下地にある物は…
03/22「ローレライよりローレライらしい本…




03/03「伊507って…」で「507はサブマリン707そっくりだよね」と嬉しくなって、03/13「ローレライ 下地にある物は…」で「707より宇宙戦艦ヤマトだったのか」と落胆していた訳ですが…

先ほど、あれこれリンクをたどってタカラホビー「こちら開発室」の「世界の艦船」にたどり着きました。(link)
そこにはっきりと
「ローレライのデザインを考える時に、あの707・2世からインスパイアされた部分があるんです!」
と明記されていました。

…はぁ(ため息)

私の目は正しかったんですね。あのフォルムは707だったんですね。でも、ストーリーは707でも「ヤマトワンダー(青の6号)」でもなく「宇宙戦艦ヤマト」になっちゃった訳ですね…はぁ〜(大きなため息)
posted by lunatic at 09:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 評価の付け足しなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全員ヒゲもじゃ,体はいかにも臭そうで,服はよれよれ,ある時はフンドシや上半身裸.汚れ放題の男達が狭い潜水艦の中で,じっと息をこらえて獲物を待つ.こういう設定は,一握りのコアなファンか,ホモホモな人達しか映画館に行かないと思うんですョ.坊主頭の妻夫木クンが役所艦長と熱く視線を絡ませる,何ていうと別な意味で観客動員できそうですが,それでもコアなファンは置いてきぼりですよね.まあ可愛そうなコアなファンは外国映画で憂さを晴らすしかないようですね.
Posted by tantanmen at 2005年03月15日 12:02
うーん…ホモホモ映画になって欲しいとは思いませんが(^^;もう少し現実味が欲しいなぁと…何というか、悪い言葉、悪いたとえかもしれませんが、平和呆けした頭のままで戦時中の悲惨さを語ってくれるなよぉと思っちゃうって事なんですよ。とは言っても、私も「戦中はなぁ」なんて言える年ではないのですが、でも、だからこそ、いい加減に考えちゃダメなんじゃない?って、娯楽映画だからそんな風に考えちゃダメと分かっていても、つい抵抗しちゃうんですよ(^^;

ま、目指す方向が違う物にこっちを向いてくれと批判をしても仕方ないですね。
Posted by lunatic at 2005年03月15日 18:12
わかります,わかります.タカラホビーの担当者の発言を見ていても,完全にガンダム世代ですよね.戦闘シーンがファンタジーの世界なわけです.やはり殴れば痛い,切れば血が出る,銃を撃てば人は死んでしまう.アクションにもそういうリアリティが必要ですよね.そういうところを踏まえた上で,大きな嘘をついて欲しい.もう少し成熟した作品を期待したいです.ローレライは基本的にはフジテレビの人達がフジテレビの乗りで作った感じなので,ちょっと軽いですよね.
Posted by tantanmen at 2005年03月15日 19:05
そうなんですよ。
うまく言えないけど、だますならもっとうまくだませ!って事でしょうか…最近のライブドアとの醜い争いも、この映画の価値を下げているように思えます(^^;
Posted by lunatic at 2005年03月15日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2422274

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。