2005年03月23日

ベッカムに恋して(DVD)

今回は何を思ったか、余り深く考えずに棚からDVDを取るって言うのを2本もしてしまいました。まぁ、こちらは「以前新聞か何かで書かれていたのを見た事があったような気がする」と言う程度で深く考えずに借りたもの。題名だけを見たら、普通なら絶対に借りないソフトですねぇ・・・

簡単なストーリーを書くと「英国に住むインド人家族の次女であるヒロインはベッカムにあこがれるサッカーが大好きな高校生で、近所の男友達に混じって公園でサッカーに明け暮れている。それを見つけた女子サッカーチームの選手の女の子が自分のチームにヒロインを誘うところからはじまって、姉の結婚やヒロインと友人とサッカー友達やコーチなどを含めた三角関係や友情物語をおりまぜたドタバタコメディ映画」…なのかな?

イギリスという差別が大好きな国に住む、元植民地のインド人家族の苦悩を表現する映画なんでしょうか。そう言う目で見れば、日本に住む在日朝鮮人(多くは戦争中に日本に強制労働者として連れてこられて、終戦後に放り出された)家族の話と重なりそうだなぁと思って見るところがありました。しかし、これはそう言うテーマで作られた訳でもなさそうです。昨日見た「イン・ザ・カット」と同じく、メッセージが伝わって来にくい映画でした。映画を見ている時は「うーん?」と悩んで、映画が終る頃になって漸く「あぁ、これは結局、イギリス人以上に宗教の枠組みが決まっているインド人という枠の中で家族と友達と自分の夢を追い求め葛藤する心理を描写した映画なんだ」と結論づけられるのですが、それって最後に判ってもしょうがないんですよね。つまり映画に入り込めなかったって事ですから。もっと、素直に伝わってきてくれたら楽しめたんじゃないのかなぁと思います。
ストーリー自体は大体予想出来る感じの事が予想通りに起こって行きます。そう言う意味では退屈なんですけれど、兎に角画面に一杯登場するインド人の老若男女の人々が印象的で、インドの家族の絆や宗教進行の強さなども良く表現されていました。更にそれがどなたか分かりませんが、女子サッカーチームのキャプテンがとてもキュートでかわいかったので星2つですね。こんな事で星おまけして良いんだろうか…





ベッカムに恋して(DVD)


ベッカムに恋してで検索した結果
posted by lunatic at 22:15| Comment(0) | TrackBack(1) | ☆☆★★★(びみょー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ベッカムに恋して
Excerpt: 《ベッカムに恋して》 2003年 イギリス映画 - 原題 - BEND IT L
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2005-05-12 21:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。