2005年04月11日

コール(DVD)

子供を誘拐するグループを描く映画ですが、ちょっと不満が残りました。

ストーリーは「ある医師が出張で出かけたその時、家に誘拐犯が侵入し幼児を連れ去る。そしてもう一人が家に残って妻を、もう一人が出張先のホテルで夫を人質として、それぞれが30分ごとに子供を預かる犯人に携帯電話で連絡をしなければ子供が殺される。その為にそばにいる犯人に手出しができない。そんな完璧な誘拐だったはずなのに、誘拐した子供は実は重度のぜんそく持ちだった事から歯車が狂い始めていく。」という感じですね。

この物語の冒頭で4件目の誘拐が成功に終ります。そして物語は半年後、5件目の誘拐が始る訳ですが、この誘拐がとても中途半端でした。それぞれを人質にしているから人質が逃げる心配も、逆襲する心配もない。そして今までの誘拐では妻についた男は妻と、夫についた女は夫とセックスを楽しんでいた様です。それはそれで良いと思うのです。それが犯人の楽しみだというならそうなのでしょう。でも、この5件目の誘拐に限っては目的がぶれて中途半端になり、この誘拐は何のために行われたのか、なぜターゲットに選ばれたのか、どこで趣旨が変わったのか、全く理解出来ない内にドラマが急展開していきます。
ドラマのつながりを全く無視して途中途中のプロットを拾って細切れをつなぎ合わせたら、それで1つのドラマになるのですが、残念ながら細切れではなく連続で映画を見続けているとそのつながりが全く不自然で、「なんで?」「どうして?」「変!」というストーリー展開になってしまう様に感じましたし誘拐犯のそれぞれのキャラクターも中途半端を感じました。でも、子供を誘拐された母親の役、真に迫った演技だったと思います(演技と言うよりこの辺りは脚本が良かったのかもしれませんが)。

途中からとってつけた様なプロットは無しにして、「楽して身代金を取り、一夜のセックスを楽しみ、それを相手に伝えて夫婦の心に深い傷を負わせる事に喜びを感じるエリートにコンプレックスをもつ異常者がリーダーの誘拐劇」とでもしてくれた方が納得のいく映画だったと思います。そんな徹底したストーリーだったら星4つは行ったと思いますが、残念ながらその中途半端さ加減から星は2つです。





コールのDVD

シャーリーズ・セロンでAmazonを検索(link)


ケビン・ベーコンでAmazonを検索(link)

posted by lunatic at 22:12| Comment(4) | TrackBack(10) | ☆☆★★★(びみょー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして♪
この度はTRBありがとうゴザイマス!(^^)!
》誘拐犯のそれぞれのキャラクターも中途半端を感じました
私もです・・・ちょっと残念でした。
それほどまでに計画的にコトを運ぶ用意をしていながら
子供が喘息だったという肝心なトコロの
つめが甘かったと・・・。^_^;

こちらからもTRBさせて頂きました〜♪
Posted by soratuki at 2005年04月12日 20:08
コメントとTBありがとうございます。

途中までのプロットやこどもを人質に取られた母親の心情描写が良かっただけに、本当残念でしたね。もう少しでもっと良い作品になったのにと思う反面、それはそれで、人間の描写は面白い部分もあって、複雑な感じでした。
Posted by lunatic at 2005年04月12日 22:32
はじめまして、いろんなところをまわってここに行き着きました。
またきますね。
Posted by るりちゃん at 2005年04月13日 13:19
ブログって作るのは簡単だけど、内容考えるのって難しいよね
管理人さんを尊敬しちゃいます。
Posted by 桃のゼリー at 2005年04月13日 15:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2920560

この記事へのトラックバック

167.『コール〜TRAPPED〜』みちゃった!(^^)!
Excerpt: {/kaeru_fine/} 故郷に帰省して初めてのBLOG♪ 只今 ワタクシ 広島県 海沿いの某市にてっ このBLOGを投稿しております。 以前 父が使っていたという 古いPCで・・・。 しっかりと..
Weblog: 徒然なるままに・・・?
Tracked: 2005-04-12 20:09

コール・・母は強し怒らせたら恐いのだ。
Excerpt: これも以前から見たいと思っていたんだけど、『殺人の追憶』と一緒に借りてみました。コールシャリーズ・セロン カレンスチュアート・タウンゼント ウィルダコタ・ファニング アビーケヴィン・ベーコン ジョーコ..
Weblog: ぷち てんてん
Tracked: 2005-04-12 23:36

「コール」 (TRAPPED)
Excerpt: シャーリーズ・セロン主演のクライム・サスペンス。 2002年の製作。 共演は子役がダコタ・ファニング、 犯人役はケビン・ペーコンなど。 あらすじ 幸せな親子3人家族。 夫は医師。 そんな家族が身代金..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2005-04-13 03:39

コール
Excerpt: ムムム〜ゥッ!朝からやけにJUGEMUが重いとおもったら(あ、毎度のことなのですが)ジュゲピとモブログが死んでいた。仕方ないからはずしたわ。しぺぺぺ!! WOWOWでリアルタイムで「コール」..
Weblog: Lovely Cinema
Tracked: 2005-04-13 20:58

コール
Excerpt: 今回はWOWOWから「コール」。 サスペンスものとしては、かなりがんばっているほうだと思うし、終盤まではハラハラドキドキでとても楽しめた。 で、どういう結末になるかと思いきや・・・ なんだろ..
Weblog: Good Speed
Tracked: 2005-04-14 23:13

コール
Excerpt: ストーリー 幸せに暮らす医者の一家を突然襲った娘の誘拐劇。 一家を別々の場所で監禁する事で今まで4件の身代金目的の誘拐を成功させている 犯人グループの緻密な計画は誘拐した医者の娘の持病により狂い始める..
Weblog: whitewhite
Tracked: 2005-04-17 12:31

コール
Excerpt: 『TRAPPED』 アメリカ/2002 監督:ルイス・マンドーキ 出演:シャーリーズ・セロン スチュアート・タウンゼント ダコタ・ファニング     ケビン・ベーコン コートニー・ラヴ プルイッ..
Weblog: MOVIE SHUFFLE
Tracked: 2005-06-14 23:47

「コール」〜戦う家族
Excerpt: 2002年監督/ルイス・マンドーキ原作/グレッグ・アイルズ出演/シャーリーズ・セロン ダコタ・ファニング ケビン・ベーコン     コートニー・ラブ スチュアート・タウンゼントオレゴン州ポートランドの..
Weblog: お茶の間オレンジシート
Tracked: 2005-10-13 13:00

コール
Excerpt: ビデオで見ました。 子供自体が大人にない能力を持っているので 天才子役とかって信用してないのだけれど ダコタ・ファニングって凄いと思いました。 本当に喘息持ちみたいです。 ケビン・ベーコ..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-05-05 21:20

≪コール≫(日テレ@2008/01/06@010)
Excerpt: コール   詳細@yahoo映画 1月3日の深夜に日テレで放送されてたこの作品 母親は≪モンスター≫、≪スタンドアップ≫ の“シャーリーズ・セロン” いや〜、やっぱりキレイ..
Weblog: ミーガと映画と… -Have a good movie-
Tracked: 2008-01-28 15:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。