2005年04月13日

チャーリーズ・エンジェル(DVD)

スポーツジムで流していたのを少し見て、今日はレンタルビデオ屋に行く日だから、これを借りてみようと思ったのが大間違いでした。そう、思い起こせばこの映画ってつまらなさそうだからロードショウだって行かなかったのに…

ストーリーは「画期的な音声認識ソフトを開発した人がソフトと共に誘拐される。開発者を取り返して状況を調べると、ライバル会社が犯人臭い。しかし調査を続けると…」という感じですが、アクション映画ではなくてバカ映画ですね。まじめに見ると虚しくなる。
映画の冒頭で1つの事件を解決し、それで「チャーリーズ・エンジェル」を知らない人にも、どんなものかを知らせようと言う意図があるみたいなのですが、これがもう私には「少林サッカー」より「ありえねー!」って話で、その時点で気持ちが萎えてしまいました。こりゃもう制作者側のマスターベーション映画に違いない!そんな気持ちが蔓延していました。そして、それは残念ながら当たっていた様に思います。

確かにあれこれパロディなども入っていた様に思いますけれど、あのストーリーでアメリカの人又は映画通の人は笑えるんでしょうか。まぁ笑えるならこの映画はその人には見る価値があったと言うことなんでしょうね。でも、私には、特撮も中途半端だし、ギャグもつまらないし、お色気があるって程でもない(あるけど、わたしゃ、この女優陣じゃ萌えません)。アクションシーンも格闘シーンの手足捌きはそれなりなんですが、そこに変な特撮が入って緊張感が削がれてしまいます。「ぜってーシリアスなアクション映画になんかしないからな!」と言う制作スタッフの叫び声が聞こえてきそうです。
キャメロン・ディアスやドリュー・バリモア、ルーシー・リューのファンなら様々なコスプレや多少のお約束セクシーショットで大満足かもしれませんが、その誰にも全く思い入れのない私には、この映画のどこに入っていけば良いのか最後まで判りませんでした。
全てに中途半端で、私にはゴジラ以来久しぶりの星0にしようか考えたくらいです。でも、見て楽しめる部分が少しはあったので限りなく0に近い星1つにしておきます…これの続編も借りるつもりでいたのですが、どうしよう…



ふと思ったのですが、もしかして、この映画はもう一度見たら評価があがるかもしれません。自分の中で「チャーリーズ・エンジェル = ファラ・フォーセット」という図式やテレビドラマでのイメージが強くて、それとのギャップに拒否反応があったかもしれませんから。1週間DVDを借りている間に、時間があればもう一度見てみるのも良いかもしれませんね。



関連の映画評

04/23 「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル
05/18 「チャーリーズ・エンジェルは本当に面白いのか?



Amazonで検索


チャーリーズ・エンジェルのDVD


チャーリーズ・エンジェルで検索した結果

posted by lunatic at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆★★★★(おもろない) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。