2005年04月25日

ボビー・フィッシャーを探して(DVD) 

チェスには全く興味がないので、ボビー・フィッシャーとやらが実在なのかどうかすら判らないし、どんな凄い人なのかも判らないので、冒頭は何がなんだか…でも、途中からチェスの才能がある子供とその親の様々な心理描写がイライラするくらい良く書かれていました。

子供ってつい親の言動などを気にしてストレスをためていったりするものなんですよね。その辺りがうまく書けていたように思います。でも、出だしの不透明さが響いて星2つといたします。





posted by lunatic at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆★★★(びみょー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。