2005年05月22日

スティール(DVD)

最初はスマートな泥棒物という感じだったのですが、途中から入り組んできて、それで面白くなってきます。けれど、半分も見ないうちに結末が見えたし、ストーリーの展開も見えちゃったのが残念でした。

「男3人女1人のチームで華麗に銀行強盗を成功させ、次に狙ったのは現金輸送車。これもうまく奪ったのだけれど、中にちょっとやばい債権が…この債権を追ってマフィアから依頼を受けた取り立て屋と魅力的なボディの女刑事が彼らを追い始める」

ストーリーのわかりやすさといい、悪者の極端な悪者顔、悪者の態度、いかにも水戸黄門を見るかの如しです。でも、さまざまなアクションは楽しいし、ストーリーは判りきっているにもかかわらず楽しく見ることができました。従いまして、星は3つとさせていただきます。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。