2005年05月25日

ショーシャンクの空に(DVD)


かなり長いストーリーも一気に見せてくれます。

刑務所という閉じられた世界の中の理不尽さなども良く描かれ、その中で自分はやっていないつもりの犯罪で投獄された主人公が良く描かれているように思います。しかし、名作として名高いこの作品ですが、私はどうしても疑問がぬぐいきれません。彼は自分はやっていないと自信を持って考え始めたのはいつだったのか。彼が「決意」をしたのはいつだったのか。「決意」するまで、彼はなぜ刑務所所長や所員のために仕事をしたのか。それぞれはあってもおかしくない事だったりするのですが、エリート銀行員だった彼は、最初から「決意」をしていたとは考えにくいのです。

うまくいえないのですが、私は推理物が苦手なのです。その理由は、言葉で説明している以外のところにトリックがあったりすることなんですよね。それが映像になっても言葉でごまかして、映像でごまかして、視聴者に真実を見えなくしておいて、後から実はこれがこうだったと説明をされても「なっとくー」とはならない事が多いのです。ひどい推理物漫画になると、一人の大人の男を首吊りに見せかけるため、女性が一人で男に縄を掛け引き上げた。なんて話を作るものまであります。自分より体重の重い死体を梁に通しただけの縄で吊れるもんなら吊ってみろってなものです。滑車を使ってダブルラインやトリプルラインで引くならならまだしも、いくら火事場のバカ力でもそんな事ができるとする事がアホらしい。まるで机上の空論です。そう、乗り遅れそうな列車に乗るため3キロの道程を100mあたり10秒で走るようなものです。不可能って言う意味でね。で、この映画の主人公の人生も、私にはこの推理小説のような、話し全体を見たらとてもスマートにかけていると思うのですが、それぞれを分解すると「なぜ?」があちこちに沸いてくる不自然なストーリーに見えてしまいます。ネタばれはしないという約束ですので、それについてはそれ以上書きませんが、どうか、この映画を見た事がない人は余計な知識を仕入れず、偏見なしに自分の目で確かめてください。

理不尽な監獄の生活の中でうまく立ち回り、いつの間にかベテランとして仲間も多くなり、快適な生活をしている主人公。人間模様は名作のようにも思えますが、私は納得できなかった。でも、この映画は面白いです。もしかしてもう何回か見るとその辺りの疑問が解けるのかもしれませんね。でも、今時点では星4つ。
最近、「もう何回か見直したら…」という映画が多いですねぇ。でも、基本は最初の感想を大切にします。


Amazonで関連商品を見る | DVD | | 音楽 |
posted by lunatic at 15:20| Comment(5) | TrackBack(9) | ☆☆☆☆★(おもろい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
TBさせてもらいました。

普通からちょっと違った視点でレビューされていてとても興味深かったです。
たしかに彼の決意の“いつ?”は気になりますね…
Posted by リュカ at 2005年05月25日 22:03
TBとコメントありがとうございます。
特別ひねくれて見ているつもりはないのですが、本文中にも書きましたように、推理小説への苦手意識と同じような、今ひとつ入り込めない壁を感じてしまいました。
少しでも同意していただける部分があることを伝えていただいてうれしく思います。自分だけじゃないと思えるのは心強くていいものですね。ありがとうございます。
Posted by lunatic at 2005年05月25日 23:35
公開からちょうど10周年ですね。今見ても改めて感動します。
ボクの中ではいつまでも心に残る明細ですね。
こちらにTBさせて頂きますね。よろしかったらボクのブログにもTB&評価のコメントお待ちしてます。
Posted by かんすけ(シアフレ.blog) at 2005年05月31日 09:38
返事が遅くなりました。
が、こちらを見てTBとコメントは書かせていただきました。やはり多くの人が「素晴らしい」と絶賛されている映画だと実感できました。
Posted by lunatic at 2005年06月03日 23:06
はじめまして、ホーギーといいます。
何年かぶりにこの映画を観ましたが、何度観ても感動する最高の名作だと思います。
どん底の中に追い込まれながらも、希望を持って生きていくアンディの逞しさを見事に演じたティム・ロビンスと刑務所の中では冷静かつ信頼を得ていながらも、ここでしか生きることに自信の持てないレッドを演じたモーガン・フリーマンの2人の演技は素晴らしいの一言です。
爽やかな感動を与えてくれるこの映画をもっともっと多くの人に観てほしいと思います。
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。
それとTBもお願いします。
Posted by ホーギー at 2008年05月05日 10:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3894822

この記事へのトラックバック

ショーシャンクの空に
Excerpt: ショーシャンクの空にデヴィッド・レスター フランク・ダラボン松竹 2004-03-25by G-Tools この作品に心動かされない人っているの? 無実の罪でショーシャンク刑務所に入..
Weblog: 菫色映画
Tracked: 2005-05-25 22:01

ショーシャンクの空に
Excerpt: THE SHAWSHANK REDEMPTION(1994/米)【監督】フランク・ダラボン【出演】ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン/ボブ・ガントン スティーブン・キングの『刑務所のリタ・ヘイワー..
Weblog: 愛すべき映画たち
Tracked: 2005-05-26 11:56

ショーシャンクの空に
Excerpt: ショーシャンク刑務所で生きる男たちのさまざまな人間模様を描いたヒューマン・ドラマ。 僕が大好きな映画の一本です。 誰しもが絶望し生きる希望をもなくすような状況下で、無実を主張し長い年月を経ても尚、決し..
Weblog: シアフレ.blog
Tracked: 2005-05-31 09:37

ショーシャンクの空に
Excerpt: 製作国:アメリカ 公開:1994年 監督:フランク・ダラボン 原作:スティーヴン・キング 『刑務所のリタ・ヘイワース』 出演:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ボブ・ガントン、ボブ・ガン..
Weblog: 外部デバイスへの記録
Tracked: 2005-06-03 22:55

ショーシャンクの空に ??My Collection??
Excerpt: 公開当時は本国でも然程注目をされたわけでもなく、オスカーに7部門ノミネートされた辺りから多少話題にも上ったが、日本での公開は半年以上も遅れた挙句、松竹が配給したにも係わらず時期がずれたり、中途半端な興..
Weblog: 利用価値のない日々の雑学
Tracked: 2005-08-31 23:08

『ショーシャンクの空に』
Excerpt: 1.ショーシャンクの空に 製作年度 1994年 監督 フランク・ダラボン 原作 スティーヴン・キング 脚本 フランク・ダラボン 出演 ティム・ロビンス 、モーガン・フリーマン etc お勧..
Weblog: Movie Road -映画道-
Tracked: 2005-12-19 18:21

ショーシャンクの空に
Excerpt: 監督 F・ダラボン  出演 T・ロビンス   希望を持ち続ける事が以下に大事かそれを荒療治的に 教えてくれる映画だ。 原作はS・キングの「刑務所のリタヘイワース」で実は短編物。 キ..
Weblog: TOKITAMA少年マンボー
Tracked: 2006-02-06 09:39

ショーシャンクの空に
Excerpt: 本作品のキーワード  :  『希望』  REDEMPTION−救いはこの中に! 【公   開】 1995年 【時   間】 143分 【製 作 国】 ...
Weblog: <映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅
Tracked: 2008-05-05 10:31

『ショーシャンクの空に』 そしてブログは回帰する
Excerpt:  【ネタバレ注意】  永劫回帰――ニーチェが提示したその考えを一言に集約しようなんて、哲学者諸氏のお叱りを受けるかもしれない。  無謀を承知で敢えて云おう。永劫回帰、それは「明日も今日とおんな..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2011-02-12 14:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。