2007年11月11日

バイオハザード(DVD)

【粗筋】地下深くにあるアンブレラ社の研究施設でバイオハザード(細菌汚染)が発生し、施設を管理するコンピュータは汚染の拡大を防ぐため、施設に勤務する研究者を皆殺しにした。外ではなぜバイオハザードが発生したのかわからず、そのコンピュータをとめるため特殊部隊が投入される。その施設の入り口にアリスは記憶を失ってさまよっていた。
特殊部隊から「ここを守るための特殊工作員」であることを知らされ、行動を共にする。施設の中ではコンピュータの防御システムあり、その後ウィルスに感染したアンデッドの攻撃ありで…

【評】こういうB級映画にストーリーを求めるのは酷というものなんでしょうけれど、これって、JOCが放射線汚染事故を起こしたのと一緒で、阿呆が手順を知らずにいい加減なことをしたから起きた悲劇ってことなんですかね。コンピュータが汚染発生を感知して封鎖しているのに、コンピュータが暴走したからそれをとめると言う論理にすり替わるためには何があったのでしょう。全く非論理的だし必然性が無いですね。更にアリスが被害を拡大させたことは明白で、まぁ、汚染した施設に人を送り込むのは、底にある財産を確保したいと言う企業のエゴなのかもしれませんし、アリスが感情で被害を拡大させるのも人間だからなのかもしれません。そういう意味では納得できますけれど、これが場所は東京電力(に限りませんが)の原子力発電所で、相手はその施設の所員だったり研究者だったりして、事故は放射線漏れだったりしたら…うーんちょっと納得できるかもと思いました。

まぁ、そういう部分を無視してしまえばそれなりに楽しめる映画だったと思います。でも、やはり☆3つ(ふつー)にはちょっと物足りないかな。

私はバイオハザードIIを見て(見たらしい)、それから先週III を見て、最後にこの1作目を見ると言う順番でした。順序を追ってみたらもう少しこのシリーズは楽しめたかもしれないので、いつか順番通りに見てみたいものです。
posted by lunatic at 16:00| Comment(1) | TrackBack(1) | ☆☆★★★(びみょー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
Posted by 日本インターネット映画大賞 at 2007年12月28日 16:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 15:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。