2009年12月17日

宇宙戦艦ヤマト 復活篇

 結論から言うと、「ちょーウルトラスーパー駄作DX」ですね。昔のヤマトを懐かしいと思う人には多少見る価値を認められても、これ1本なら見る価値はないでしょう。

 この映画について、キーワードは「小学生」「特攻讃歌」ですかね。兎に角、ストーリーが稚拙で小学生の作文の方がまだ面白いです。小学生並みの知能の阿呆がない頭で絞ったストーリーは、目的に必然性がなく、入場料100円でも初日から客がいないような超マイナー劇団のヘタクソお芝居と演出は全く一緒。出てくる新しいキャラは何をターゲットにしたのか、劇から浮いていますし、古いキャラは昔のファンにだけわかれば良いや的会話しかしない(大体、今回のヤマトは松本零士さんと関係ないなら、ミーくんなんて出す必要ないじゃん)。それだけでも「なんじゃこりゃあ」なのに、ストーリーは意味もなく特攻していく人を讚美し、ご都合主義というにはあまりにも稚拙で強引なストーリーを無理やり展開していく無能さ。

 私は昔のヤマトを見ていたクチですから(とは言っても、最後の方は「もう、いい加減にしやがれ。いつまで引きずるつもりなんだ」と呆れていたのですけれどね)、今回は見たくない気持ちも強かったのですが、まぁ最後に1回だまされてみようと観てみたのです。結果、騙されたと言うか、こんな程度のもので金をとろうって、本当に日本の映画界って映画を何だと思っているんだろうなと怒りがこみ上げてきた次第。それも、これで終りだと思っていたら、これは第1部だそうで、またここからこんなくだらない映画をまだ作るつもりみたいですね。どうか、今回の映画が大コケして、今後の企画がお蔵入りすることを心の底から望みます。

昔ファンだった者としては、音楽など懐かしいものもあったので、星1つと言いたい部分もあるのですが、そういう昔の思い出は無関係にこの映画だけの評価を考えたら、とてもじゃないけど星が「いくつ?」なんて言える物じゃないですね。顔を洗って出直していらっしゃい。ってなもんです。

あまりにも不出来で不憫なので、オフィシャルサイトなどへのリンクはお断りさせていただきます。見たければ「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」で検索すれば出てくるでしょう。

もう、この映画の続編は絶対に見ません…余程のことがない限り…
posted by lunatic at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★★(ゴミやゴミ!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

ウォンテッド

ウェスリーは、冴えない自分の人生を嘆いていた。仕事もうまく行かず、恋人も友人に寝取られ…そんな人生に嘆いていたある日、目の前に謎の美女が現れた。そして突然の銃撃戦。彼らははるか昔から運命をつかさどる暗殺集団で、ウェスリーもその暗殺者の血を引いているという…

【評】
テレビや映画の前に流れる予告は面白そうなカーアクションなど魅力的なシーンがあります。が、実際そんなシーンはそこだけ。後は、ひたすら単調で退屈でありきたりなストーリー展開。
この監督は銃撃に特別なこだわりがあるというか、この映画は銃撃戦を如何に残酷に描くかにこだわって、それを描きたいが為に作成した映画という感じがしました。ジョン・ウー監督の映画みたいに銃の撃ち方にこだわりがあるのはわかりますが、見ていて不快になる映像が多く、R-15指定となっていますが、本当に高校生に見せても良い映像なの?と疑問に思いました。

ゲームの中で人を殴ったり殺したりする感覚で映画を作るとこんな感じなのかな。少なくとも私は不愉快にはなり、この映画を面白いと思うことは出来ませんでした。アンジェリーナ・ジョリーのかわいいお尻を見ることができたのは、健全なおっさんとして嬉しかったですが、それ以外は見るのも苦痛又は退屈な映画でした。

従いまして、☆は1つの価値も見出せません。
つい先日、「幸せの1ページ」と言う映画でも☆0個と言うのがありましたが、あちらはその映画が大人向けではなく子供向けだったと言う誤算から来るもので、今回の映画に比べたらまだマシです。この映画は本当私にとっては最低、金返せ!の最有力候補です。と言うことで、「幸せの1ページ」は評価を1つ上げておきます。


公式ページ(?):http://www.choose-your-destiny.jp/
posted by lunatic at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★★(ゴミやゴミ!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

マルコヴィッチの穴(DVD)

はぁ〜 ついに「ゴジラ FINAL WARS」並の駄作にぶち当たってしまいました。星0です。

jhon_r2_c05.jpg


人形師のクレイグは結婚生活もマンネリ化し、更に大道芸的な仕事にも行き詰まり、新聞の求人情報を見て定職に就くことにする。面接に行ったそこはあるビルの7階と8階の間にあるオフィスだった。ある時、取り出したファイルがキャビネットの後ろに落ち、それをとろうとして不思議なドアを発見する。そのドアを進んでいくと突然吸い込まれ、15分だけ俳優のマルコヴィッチになるというものだった…

malko_r4_c02.jpg


何となくこの映画のタイトルは聞いたことがあるのと、「コメディ」の棚にあったのでよかろうもんと借りてきたのですが、これはフランス映画の「じゅてーむだっせー」「もなむーるだっせー」に次いで苦手とする分野の映画でした。映画監督(または脚本家)のマスターベーションを見て楽しいとは思えません。残念ながら私にはこの映画のおもしろさは全然、ちっとも、全く、完璧に理解不能です。つまり、私には見る価値はこれっぽちも感じられませんでした。「コメディの棚にあったから、もう少ししたら多少は展開が違ってくるのでは?」という淡い期待は完全に裏切られました。なぜ、そんな7 1/2階があるのか、なぜマルコヴィッチになってしまうのかを問うのはこういうマスターベーション映画には聞いてはいけないことでしょう。それは分かりますけれど、では、クレイグが何のためにマルコヴィッチになろうとするのか…いや、その気持ちは伝わりましたけれど、そこまでして虚しくないのかな。この手の映画は理解する人だけ理解すればいいのでしょうね。理解できなければ「見る資格がない」と切り捨てられておしまい。ええ、見る側も「見る価値はない」と応戦するでしょうけれどね。
哲学的とか純文学とか言い訳はいくらでもあるでしょう。そしてそれを楽しむ人が居ることも否定しません。でも、私には全く異質の世界。感想すらほとんどありません。時間の無駄でした。ただ、「ゴジラ FINAL WARS」と同じ星0ですが、映画のできとしてはこちらの方がまだ良かったです。それだけはこの映画の名誉のために明記しておきます。

また、主人公の妻役がキャメロン・ディアスだったなんてエンドロールをみるまで気付きませんでした。やっぱりこの人、(セミ)ヌードにならないと個性無いですねぇ…

diaz_r3_c07.jpg


今回も私の評価は最低だったので、どうか、ここをごらんになった人は私の戯言に惑わされず、トラックバックをさせていただいたブログなどの評価も参考にしてください。また、書き方が攻撃的な不快な表現になっていたとしたらごめんなさい。



公式ホームページ:http://mal-ana.asmik-ace.co.jp/index.shtml




Amazon検索結果




トラックバックさせていただいた(はずの)ブログ(敬称略)
ひるめし。
ナニミル?〜DVD日記〜
NDO::Weblog
エデンの南
月影の舞
posted by lunatic at 22:15| Comment(2) | TrackBack(4) | ★★★★★(ゴミやゴミ!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

ゴジラ FINAL WARS

はっきり言って「最低最悪の映画」で見る価値はありません。金返せと叫びたいです。

星0個です。っていうか評価対象外です。幼稚園のお遊戯を見ている方がマシ。

もう、ここまでで充分お目汚しになっていますので、これ以上は表に書きません。この映画の評価に興味がある人はどうぞ「続きを読む」をクリックしてください。




02/28「ゴジラFINAL WARSについて



続きを読む
posted by lunatic at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★★(ゴミやゴミ!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。