2009年03月14日

おくりびと

先週のヤッターマンに続いて邦画を見てきました。

この映画、注目はしたんですが、基本的に「邦画は脚本が悪すぎる」という偏見を持つ私には、お金を払って見に行く価値が本当にあるかと言う葛藤を打ち崩すことが出来ず、見に行かなかった映画なんです。今迄のセオリーだと、この手の映画は予告編やら映画評はとても良いことが書いてある(語られている)のに、実際に行ってみたら肩すかしも良いところだったと言うのが常だったんです。くだらない自己満足のオンパレード…でもこれは違いました。

死体を扱う仕事と言う事で偏見を持たれる世界に成り行きで入ってしまった主人公。それまでの人生の転換期では明るく笑ってついてきた妻の反対と、それ以降の心情の変化…そんなところが見事に表されていましたし、また「死者を送り出す」と言うことについて、改めて考えさせてくれる映画でした。

また、主人公が初仕事の後、妻を抱きしめ頬ずりをするシーンがあります。広末さんの下着姿がとても魅力的なシーンでもあるのですけれど、このシーンってとっても印象的ですね。死体を扱うことになった主人公の葛藤がここに集約されていると言うか、映画の中心点はここにあるんじゃないかなと思えてしまうシーンでした。

この映画、迷わずBlu-rayが出たら買います。(DVDだったらどうかなぁ)

公式サイト:http://www.okuribito.jp/




posted by lunatic at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆(さいこー!!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

ヤッターマン

竜の子プロのアニメを実写化した映画。

兎に角、今回は田舎に住んでいて良かったと実感しました。
東京の映画館なら、それなりに混雑もしたんじゃないかと思うのですが、田舎の映画館は結構ガラガラでした。ネットでチケットを予約したんですが、もう一番良い列のど真ん中の席がとれましたとも。

さて、映画ですが、私の年代には「懐かしくて、楽しい思い出」であろうアニメのヤッターマンを実写化すると言うことで、どんな風になるんだろうと不安と期待が入り交じっていて、期待の多くはドロンジョ役の深田さんでしょうか(男の場合はそうだよね? ね・ね・ね)

日本映画に全く期待を持っていない私ですが、この映画は結構楽しめました。元がアニメで、お馬鹿な娯楽作品だからと言う気楽さもあって、本当に肩の力を抜いて楽しめました。

まだまだCGが甘い部分もたくさんあったし、作り込みがあまりにも細かすぎて目が疲れる場面もありましたけれど、「よく頑張りましたね」と言える作品じゃないでしょうか。

ただ、最後の部分が余計に長すぎたなぁと言う感じはあります(つまり、やはり演出はまだ良く言って1.5〜2流だなと言う事です)。

でも、Blu-rayでソフトが出たら買ってしまうかもしれません。それくらい良い出来だったと思います。

公式サイト:http://www.yatterman-movie.com/
posted by lunatic at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★(おもろい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

マンマ・ミーア!

ABBAの曲を全面に配したミュージカル。

メリル・ストリープさんが元気に踊り回る映画…お父さんがだれか知らされずに育った娘が、結婚式を前に母の日記を見つけ、そこに自分の父親である可能性を持つ3人の男性を見つけた。自分の結婚式にその男性を招待する。

そんなところから始まるあれこれをミュージカルで演じるんですけれど、兎に角、ミュージカルですから誰も彼も兎に角踊り回ります。なんと言えば良いんでしょうね、深く考えなければ楽しい映画ではあります。でもね、自分の父親を知りたいからと、3人のお父さん候補に手紙を出したりする? 私には違和感ありました。でも、あっちの人ならこれくらい当たり前なのかな?とか、なにか変なところが気になっていました。

とりあえず、時間を気にすることなく最後まで楽しめましたけれど、それだけですね。それ以上でも以下でもない。単に「ふーん」と時間が過ぎただけ。ABBAの音楽を大きな音で楽しみたかったら、楽しめる映画です。そんな感想になっちゃうなぁ。

http://www.mamma-mia-movie.jp/enter.html

2008年12月07日

ウォーリー

29世紀の地球はゴミの山と化していた。そのゴミを片付けるため、ロボットだけが細々と働いて、生命体の無い地球。その地球に謎のロケットが着陸し、その中から洗練された形のロボットが降り立った。それを陰から見ていた片付けロボットのウォーリーは一目で恋に落ちた(?)

ロボットもよく設計されているし、落ちているゴミも興味深いものが多いです。そんな視点からも楽しめました。

まぁストーリーは「ディズニー」って言って予想される範囲から逸脱していません。安心して楽しめる映画です。

もう1回映画館で見るかと言うと疑問ですが、DVDになったら、レンタルしてもう1度見てみたい映画です。
posted by lunatic at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★(おもろい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

イーグル・アイ

コピーショップで働くジョニーには、兄が死んだ翌日から災難が降りかかる。
残高などないはずの口座に75万ドルもの大金が振り込まれ、家に帰ってみれば爆薬の材料、暗視鏡や銃器、果ては戦闘機の操縦マニュアルまでが山のように送られてきていた。携帯電話が鳴って出てみると、女性の声で「すぐに逃げなければFBIに捕まる」と警告される。
シングルマザーのレイチェルは、8歳の息子を旅行に送り出したところで「駅の外に止まっているポルシェに乗って運転をしろ」と電話の女性の声に命令される。
どちらも戸惑い従わないと、次々と事件が起こり、声に従わざるを得ない状況ができあがっていく。なぜ?…

【評】
予告編などではとても期待していたのですが、結末は「な〜んだ」ってなかんじですかね。「な〜んだ。これじゃあの映画の続編じゃん」といいたい気持ちでいっぱいですが、ここではネタバレはしない事しか書かないと明言しているので、書きたい気持ちを抑え我慢します。

この映画の監督さんの撮る作品が常にそうなのかどうかは分りませんが、何というか「目の疲れる」映画ですね。アクションシーンがスピード感を出すためなのか、カメラが激しく揺れて見にくいったらありゃしない。

退屈はさせないけれど、ストーリー展開は少し強引すぎるかな。そんなところも重なって、「すごくおもしろかった」というより「ま、こんなもんかな」という映画という印象でしたので、星3つは妥当な評価だと思います。

公式ページ:http://www.eagleeyemovie.com/intl/jp/

2008年10月18日

P.S.アイラヴユー

夫ジェリーの突然の死で、家族や友人の心配をよそに哀しみに浸り引きこもる妻ホリー。

そんなホリーの誕生日に、ジェリーからケーキとテープのメッセージが届けられる。「悲しまないで」「これから様々な方法でいくつかのメッセージが届く」「引きこもっていないで外に出て騒げ」そんな言葉にホリーは励まされ…

【評】
この映画の冒頭部分にジェリーとホリーの夫婦喧嘩があります。結構激しい言い合い。でも、夫の「もう仲直りをしないか?」の儀式で2人は仲直りをして行きます。この短いエピソードで2人の仲の良さ、絆の深さが描かれていて、私はとてもこの映画が好きになりました。

独り身の人には分らないかもしれませんが、夫婦の間には2人だけの世界っていうのが少なからずできあがるもので、他の人には「もう破局」としか見えない状況に見えても、次の瞬間に普通に戻っていたりするんですよね。

でも、その後のジェリーの死後、折を見てジェリーからの手紙がホリーに届くというのが「ろまんちっく」なのか「薄気味悪い」なのか…それは受け取る人次第じゃないかなと思います。が、映画の最中、そこここからすすり泣く声が聞こえてきたところをみると、女性には「ろまんちっく」な事に思えるんでしょうね。私は「死んだ後まで、妻が悲しむなんて想像するやつもいけ好かないけど、その通り悲しんで、死んだ夫の手紙を待ちわびる女性っていうのもちょっと気持ち悪いかも」と思っちゃいました。でも、映画としては十分楽しく、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

久しぶりにおもしろい映画を見たという気がします。

公式ページ:http://www.psiloveyou.jp/
posted by lunatic at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★(おもろい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

アイアンマン

若き天才発明家トニー・スタークは、親から受け継いだ軍事企業で次々と新しい兵器を開発し「アメリカの平和を維持」する事に貢献している。

ある日、アフガニスタンで新開発の兵器のデモをした帰り、テロリストに拉致され「自分たちの為に(デモをした多弾頭ミサイル(?)と同じ)兵器を作れ」と強要される。

自分が拉致された時、同乗していた若い兵士が目の当たりで殺されるところをみて、更にテロリストを撲滅するために作ったはずの兵器がテロリストに使われていることを知ったトニーは、洞窟にあてがわれた工房で監視の目を盗みパワードスーツをつくり敵地からの脱出に成功する。

アメリカに戻ったトニーは「兵器産業からの撤退」を発表し、テロ撲滅のため、新たなパワードスーツの開発を始める…

【評】
アメコミが元なので、ストーリの展開に無理があるのは御愛嬌。

人が装着するパワードスーツ、それが装着されるさまなどはとてもよく、面白く作られていました。また、予想通り水戸黄門的なストーリー展開ではありますが、テンポ良く進むので結構時間が短く感じました。
テレビや映画館での予告はうまく編集されているなぁと思う位、予告編で見たイメージを期待して見ると、予告になかった部分に「あれ?」と思うかもしれません。実は予告編から受けるイメージと映画の内容がちょっと違うと私は思ったのですけれど、映画自体はとても面白く見ることができました。
最初に書いたように、ストーリーの展開に「なぜ?」を挟むと夜も寝られなくなってしまいますので、余り頭を使わず楽しく時間をすごしたいと思う人にはお勧めの映画です。

しかし、女性には退屈な映画だったでしょうか…私が行った映画館は、客の入りがそんなに多くはありませんでしたし、隣に座ったカップルの女性はいびきをかいて寝ていたし、前の女性(?)は映画の途中で携帯電話を開いてメールをしていました。これは本当迷惑な話ですよね。暗いところになれために突然開かれる携帯の画面は眩しいってわからないのでしょうね。メールが見たいなら場外に出て欲しいものです(場外に出る行為も無作法で迷惑ですが)。

評価はちょっと甘いです。ここ1ヶ月位の間に見た映画がずっと不作だったので、相対的に評価が上がってしまったということ。でも、まぁ☆3つなら妥当かな…ちょっとびみょー」

公式ページ:http://www.sonypictures.jp/movies/ironman/

2008年09月13日

ウォンテッド

ウェスリーは、冴えない自分の人生を嘆いていた。仕事もうまく行かず、恋人も友人に寝取られ…そんな人生に嘆いていたある日、目の前に謎の美女が現れた。そして突然の銃撃戦。彼らははるか昔から運命をつかさどる暗殺集団で、ウェスリーもその暗殺者の血を引いているという…

【評】
テレビや映画の前に流れる予告は面白そうなカーアクションなど魅力的なシーンがあります。が、実際そんなシーンはそこだけ。後は、ひたすら単調で退屈でありきたりなストーリー展開。
この監督は銃撃に特別なこだわりがあるというか、この映画は銃撃戦を如何に残酷に描くかにこだわって、それを描きたいが為に作成した映画という感じがしました。ジョン・ウー監督の映画みたいに銃の撃ち方にこだわりがあるのはわかりますが、見ていて不快になる映像が多く、R-15指定となっていますが、本当に高校生に見せても良い映像なの?と疑問に思いました。

ゲームの中で人を殴ったり殺したりする感覚で映画を作るとこんな感じなのかな。少なくとも私は不愉快にはなり、この映画を面白いと思うことは出来ませんでした。アンジェリーナ・ジョリーのかわいいお尻を見ることができたのは、健全なおっさんとして嬉しかったですが、それ以外は見るのも苦痛又は退屈な映画でした。

従いまして、☆は1つの価値も見出せません。
つい先日、「幸せの1ページ」と言う映画でも☆0個と言うのがありましたが、あちらはその映画が大人向けではなく子供向けだったと言う誤算から来るもので、今回の映画に比べたらまだマシです。この映画は本当私にとっては最低、金返せ!の最有力候補です。と言うことで、「幸せの1ページ」は評価を1つ上げておきます。


公式ページ(?):http://www.choose-your-destiny.jp/
posted by lunatic at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★★(ゴミやゴミ!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

ダークナイト

ゴッサムシティに巣食う悪人が2人…1人は犯罪こそが最高のジョーク、悪こそ人間の究極の姿と言うジョーカー、そして1人は、警官でもないのに悪人をリンチするバットマンと言う謎の男…

バットマンの為に犯罪がしにくくなり、更にハービー・デントと言う正義を貫く地方検事の出現が追い討ちとなり、犯罪者はバットマンを殺す計画を立てる。
そしてジョーカーは、バットマンが正体を明かさなければ、市民を殺していくと公言し実行していく…

【評】
前作から名作だと言われているバットマンですが、私は個人的にはあんまり好きじゃないです。

バットマンと言う、本来は正義の味方、ヒーローであるはずの存在が、その存在があるが為、罪も無い市民が犠牲になっていき、その遺族たちがバットマンを恨む…それって平成のガメラシリーズに通じるところがありますね。ガメラは人の為に怪獣と戦ってくれるのに、そのガメラに家を押しつぶされて親を亡くし、ガメラを恨む人々…そっくりの設定です。で、それはそれで納得なんですけれど、それを取り巻く設定に無理がありすぎるような気がします。

バットマンは高潔な精神の持ち主で、いくら悪だとしても自分の手は下さない。それはそれで良いのですが、一般的警察官はどうなのでしょう。ジョーカー1人のためにどれだけの被害があったのか、そして捕まえても巧妙に逃げるジョーカーを殺せずにいるのはバットマンだけではなく、警察官も一緒なの? ここまで被害をもたらす犯人に対して、警察は「見つけ次第射殺」と言う選択肢を持たないのでしょうか。

バットマンがバットマンとなると考えた時、またバットマンとして活躍をしている時、大を救うため小を犠牲にするのか、どちらか1つの選択しかない時、どちらを救うのか悩むことでしょう。その悩みが今ひとつ表現されていないのが不自然と感じます。もしかして、それは次回作以降の課題なのでしょうか…

どんな手もやりたい放題の「悪」に対し、手かせ足かせの「正義」にイライラします。本当にこれは理屈に合っていることなのでしょうか。そのイライラ感が自分で整理できないため、この映画が素直に面白いとは言えないのです。

ただ、この映画の根底に流れることはとても単純で面白く考えさせられます。つまり…

人間が動物と違う為には…と言う問いがあります。「ジョークが理解できる」とか「言葉を話す」とか言われますが、どれも高等動物には存在するらしいことがわかってきているので、では、人間が人間として、動物と一線を画すところはどこなの?と言うと、それは高度な社会形成と言う答えに行き着くのでしょうか。暴力での秩序ではなく、悪く言えば屁理屈の上に成り立った「正義」の秩序で社会を形成していることが動物と違う…格好をつけて言うとそうなのかもしれませんが、その実、その社会の裏には動物並みで、人間としての教育を受け入れず、本能のまま生きることしか出来ないやつ「悪」がいる。そして、人間が人間たるには相当の努力がいるけれど、悪に落ちるのは簡単なことだと映画で言いたいのでしょう。でも、余りにも安易で、象徴的過ぎるんじゃないのかなぁ…で、実際には、動物は同属同士の殺し合いはしません。縄張り争いなどで争うことはあっても、合図をしたらそれ以上の攻撃はしないし、人間社会で言う「悪」の存在は動物社会にはありません。と言うことは、人間は動物以下なのかもしれませんし、「悪」こそが人間が人間たる、動物と違う象徴(シンボル)なのかもしれません。

そんな事を訴えているのかな?と思いつつ、それをどこまでどのようにして表現するのかは興味深いんですけれど、そのストーリー展開が下手な日本のドラマみたいで不自然なのでのりが今ひとつというのが残念でなりません。

個人的には、その昔少年画報と言う雑誌に連載されていた頃から、バットマンは好きでした。そのバットマンが単純なヒーローではなくなったのが自分には残念でならないと言う気持ちもあるのかもしれません。

兎に角究極の「悪」と「正義」のぶつかり合いを描こうとしているがために、それを実現するための設定が中途半端で説得力がなくなっているのが残念。
そんな訳で、映画が持って行きたい(訴えたい)ところには共感できることはあるけれど、イライラ感が災いして、☆2つってところにしておきます。

余談ですが、例によって映画の情報って事前に何にも手に入れていないのですが、この映画を見るまで「The Dark Night」だと思っていました。夜が暗いのは当たり前じゃんと思っていたんですけれど、「The Dark Knight」なんですね。うん、納得です。でも、カタカナにしたら区別つかないので、もう少し分かり易くして欲しいものです。

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/thedarkknight/
posted by lunatic at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆★★★(びみょー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

幸せの1ページ

大人気の冒険小説を書く作家は、実は対人恐怖症で外出恐怖症。そして潔癖症の引きこもり。そんな彼女に、南の孤島からSOSが届いて…

私は、映画を見る前に余計な知識を入れないようにしています。「誰それが出ているから」「誰それが作った映画だから」なんて知識で見るようになったら面白くないと思うからです。ですから、何かの映画を見に行ったときの近日公開の予告などで面白そうと思ったものを見るという事を繰り返していて、この映画も予告を見て面白そうとチケットを購入したのですが、見事にだまされました。予告で想像する映画の内容と、実際の内容は全くかけ離れていました。更に、映画を見終わった後、公式ページを見てみたのですが、もしそれを先に見ていたとしても、私は同じ間違いを犯していたでしょう。それ位、そのストーリ紹介、予告から受ける印象と実際の映画は違っていると思います。

私としては、例えば「トスカーナの休日」のような大人目線での映画を期待していたのですが、残念ながらこれは子供向け映画です。動物+子供が主人公の、私には全く興味のない映画でした。「ザスーラ」とか「ホーム・アローン」のような映画が好みの人にはお勧めです。

不満は多々ありますが、それは大人向け映画を期待した私が子供向け映画を見た結果ですので、ここでは控えさせていただきます。ただただ、ジャンルが違っただけ…はぁ時間の無駄でした。残念…



公式ページ:http://shiawase1.jp/index2.html



最初は☆0個(ゴミやゴミ!)だったのですが、2008年9月13日「ウォンテッド」と言う屑映画を見てしまったため、それに比べたらまだましと言うことで、評価を1つ上げ、☆1つ(おもろない)に変更しました。(2008/09/13)
posted by lunatic at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆★★★★(おもろない) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。